シミの種類

炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じみ)とは

シミ,種類,炎症性色素沈着,老人性色素斑,脂漏性角化症,雀卵斑

 

炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じみ)とは、一般的によく出来やすい顔のシミの事です。別名では日光性黒子と呼ばれていて、今まで浴び続けてきた紫外線が蓄積した原因を元に年々と経過に伴い現れる症状です。徐々に濃くなっていき薄茶色で輪郭がはっきりとした類円形をしていて、ほとんどの人が40代辺りから現れます。

 

一度出来てしまうと自分では改善や治療が難しく、治すには早期治療が大切です。初期の薄茶色シミに美白成分が有効で、防止をするには日常的に紫外線対策をしっかりと行い備えておきます。紫外線ダメージを記憶しているので、若い頃から紫外線をブロックしていくのが重要です。

 

時間が経って真皮まで定着してしまっていると、美白成分は効果がないです。症状が濃い場合は、レーザー治療と平行して肌のターンオーバーの改善とハイドロキノンが有効です。ただし加齢とともに黒くはっきりとしたものは、レーザー治療で対処出来る場合もあります。

 

炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じみ)は、記憶ジミや肌荒れ記憶ジミ等と呼ばれる事もあります。炎症性色素沈着(肌荒れ記憶じみ)は、ニキビ跡や肌荒れした部分、カミソリで荒らしてしまった場所、毛抜きで毛穴を傷めたような場所によく出来やすいです。

老人性色素斑(日焼け記憶じみ)とは

シミ,種類,炎症性色素沈着,老人性色素斑,脂漏性角化症,雀卵斑

 

老人性色素斑(日焼け記憶じみ)とは、一般的なシミの1つで、ほとんどの人がこのシミができます。30歳以上の人の鎖骨やこめかみ周辺に出来やすく、若い時には放置されていた肌内部に蓄積されたシミの原因が加齢により少しずつ浮き上がってきます。

 

最初は薄めの茶色でぼんやりと見えているが、徐々に濃くなっていきます。放置をすると広がる恐れがあり、日焼け止めを塗っていなくても日焼けをしなかったので大丈夫と紫外線対策をサボった事はあるはずです。短時間の外出や車の運転時でも、その時には問題がなくても実は肌内部ではシミの原因が加算されています。

 

Lシステインを含んだシミ薬で、薄くなる効果を期待出来ます。シミの原因であるメラニン色素を抑える事で、老人性色素斑(日焼け記憶じみ)の出現も抑えられます。日焼け止めをサボった時には、美白成分入りのスキンケアを薄く塗る事により先手を打っておきます。

 

また外出をする時には、帽子を被ったりサングラスをかけたりして日焼け対策を行います。しかしシミが浮き上がってしまってからでは、自宅ではホームケアで対処しきれない場合があります。この場合には専門家医に相談し、その結果レーザー治療を受けるのが有効的です。

脂漏性角化症(出っ張りじみ)とは

シミ,種類,炎症性色素沈着,老人性色素斑,脂漏性角化症,雀卵斑

 

脂漏性角化症(出っ張りじみ)とは、主に顔や頭だけでなく全身にできるイボのような出来物を言います。最初は1から2ミリ程の皮膚と同系色のものから、褐色や黒色の平や隆起したものが出来ます。そのままにしておくと、どんどんと大きくなっていきます。

 

日々を重ねるごとに大きくなっていき、数も増していくがイボが小さいうちに取ると問題がないです。出来る原因は、紫外線による皮膚細胞の異常殖とメラノサイトの活性化によりメラニンが生成が進むためです。このメラニンがターンオーバーにより皮膚の表面に上がってきて、角質と共に垢として排出されたものになります。

 

痒みを伴う場合は内臓のガンによって発生している事があるので、痒みの症状があったら皮膚科を受診します。脂漏性角化症(出っ張りじみ)の病理組織は多種多様の形態を取り、網状型や腺腫網型や混合型や充実型や鋸歯状型があります。

 

治療法はダーモスコピーを用いて、診療を行います。ダーモスコピーとは、皮膚がんの診断に使用される検査機器で皮膚に出来た腫瘍やホクロを拡大して診察が出来ます。悪性か良性かを判断して、色素斑を10から30倍までに拡大が出来ます。

 

他の治療法は、手術や凍結手術、レーザー治療、電気外科的治療等があります。

雀卵斑(ソバカス)とは

シミ,種類,炎症性色素沈着,老人性色素斑,脂漏性角化症,雀卵斑

 

肝斑(ぼんやりじみ)とは、頬骨や鼻の横、額等に左右対称に出来やすく、色は薄めで広範囲に発生するシミを言います。メラニン色素が広範囲に発生して沈着して、薄い色のシミを作るのではっきりとした境界線がないです。

 

30歳以上の女性の多いのが特徴で、女性ホルモンが関係していると言われています。妊娠中やピル服用中も出来る事があり、メラニンの産生を活発にする働きを持つ女性ホルモンの黄体ホルモンは妊娠中やピル服用中に多くなるのでシミが出来やすいです。

 

気にして強く擦ったり刺激を加えるとシミが濃くなってしまうので、レーザー治療等では刺激を与えて逆効果になる事もあります。皮膚の深部の真皮でメラニンが発生して起こった炎症を抑えるトラネキサム酸と言う成分を含んでいる飲み薬が2007年から市販薬として発売されています。

 

皮膚科で処方してくれるので、トラネキサム酸が欲しい人は受診をする事です。紫外線をしっかりとブロックする事を、忘れない事です。このため、外出をする時には必ず日焼け止めを塗って帽子を被ったりサングラスをかけたりします。気になった場合は皮膚科か美容皮膚科で相談が出来るので、利用すると良いです。

アルバニアホワイトニングクリームのお申込みはこちら!トップページへ年齢を重ねてシミが濃くなった方、シミの防ぎ方がわからない方は、トップページのアルバニアホワイトニングクリームの詳細も確認してみてください。